HOME米粉パンって?米粉パンができるまで商品一覧アクセス

会社概要

ページの先頭へ

会社概要

会社名 株式会社朝山ファミリー工房
設立 平成21(2009)年4月10日
代表者名 奥井 和久
資本金 4,700,000円
社員数 8名
所在地 島根県出雲市所原町1642-2
連絡先 TEL:0853-48-9679/FAX:0853-48-9680
業務内容
  • ・パンの製造・販売

役員構成

代表取締役 奥井 和久
専務取締役 持田 潔
取締役 13名
監査役 2名

朝山地区の地域概要

朝山地区は、出雲市の南部に位置する山間地域であり、神門川水系に沿って集落が存在し世帯数は550戸、人口2,141人となっています。標高300mに位置する奥部方面では高齢化が進行し限界集落化や無人化が懸念されています。
農業の担い手は65歳以上の占める割合が70%以上であり稲作を中心に柿、菌床しいたけ、ぶどう、メロン、小豆、アスパラ、青ねぎ、みょうが、和牛など少量ではあるが多品目の特産、畜産物が生産されていますが、高齢化などにより生産意欲が減退し、農地の荒廃が進行しています。このため農業所得が減少し、あわせて環境の悪化にもつながっているのが現状です。
このような中、かねてから地域ぐるみによる手作り豆腐づくりやぶどう団地づくり、蛍と水車の郷づくり、そば打ち体験、3世代(親、子、孫)の交流活動など一定の成果をあげてきましたが、世代交代が進んだ中「地元産品によって手取りを増やすことができないか」「安心、安全な加工食品を地元で生産し、販売消費することができないか」「道の駅のような交流拠点づくりで活性化ができないか」などの要望が出始めました。このため一昨年前頃から、子供たちや20歳代、30歳代の若い世代を含め世代を超えて活性化のための話し合いが活発に行なわれてきました。
この結果、地域の代表者31人による新たな活性化推進委員会が立ち上げられ「朝山ファミリー工房」の設立し地域ぐるみでの地産地消、活性化事業を展開することとなりました。

蛍

水車
朝山ファミリー工房MODE外観
朝山ファミリー工房MODE
島根県出雲市所原町1642-2
【営業時間】9:30~15:00
日曜日のみ 9:30~16:00
【定休日】毎週水曜日
TEL:0853-48-9679